北八ヶ岳 2023.8.19~8.20

今月の「峠山の会」定例山行は、長野県の北八ヶ岳。

夏恒例の1泊での山行になります。

寝食を共にする機会はなかなか少ないので、

今回は会員さんたちの絆もさらに深まるというもの。

夏山シーズン、山小屋での宿泊、温泉も楽しみですね。

さて、目的地の北八ヶ岳は八ヶ岳連峰のその名の通り北側で、蓼科山から夏沢峠の間の山々の総称。「きたやつ」の愛称で親しまれています。南八ヶ岳に比べて斜面がなだらかで岩場も少ないため、登山やハイキングに人気の山です。針葉樹の原生林に生い茂る苔、澄んだ湖、開けた草原の風景が存分に楽しめます。

 

この度、T村さんが撮られたお写真とコメントが届きました。

それでは、1日目から順を追ってご紹介します。

関越、上信越、中部横断自動車道を乗り継ぎ、麦草峠まで貸切バスで移動。

白駒池入口駐車場へ到着です。

 

こちらで準備体操をして、身体を充分にほぐします。

装備・服装を整えて、いよいよ白駒池入口から登山のスタートです。

最初は歩きやすい木道。

遊歩道になっているんですね。

スタートしてすぐに苔の森が広がっています。

白駒池を半周してニュウに向かう予定が、間違ってこの分岐を左へ行ってしまいました。正しくは写真右方向です。
上を見るとちゃんと道標がありました。
リーダーに頼らずしっかり確認することが大事だと実感しました。

おっと、いきなりのトラブル?

登山ではよくあることですが、壊れた道標に惑わされてしまいましたね。

もののけの森。

北八ヶ岳には他にも白駒の森、丸山の森、黒曜の森など名前のついた看板が立っています。

苔やシラビソに囲まれた森からポッカリと現れる白駒湿原

もののけ姫のキャラ、「こだま」がいました!?

登山客が残したものなんでしょうか、こんなに小さいのによく見つけられましたね。

「木の霊」っぽいユニークな姿が愛らしいです。

ニュウへ向かう道。雨が降ってきてレインウエアを着ました。

雨ですか!少し厄介ですね。

モヤに太陽の光があたって幻想的でした。

そのうち遠くで雷が鳴り始めましたが、もう少しでニュウなのでそのまま登ろうということに。。

ですが、私は雷が怖くて山頂手前で待ってました。

 

それにしてもニュウって一風変わった山の名前です。

どうやら山容が、刈り取り後に稲わらを円錐形に積み上げる「にう」に似ていることから名付けられたとされています。

ニュウのあとは、雨に濡れた足場の悪い道を慎重に下っていきます。

辺りにはいろいろな苔が生き生きとと茂っていますね。

話によると、北八ヶ岳近辺にはなんと500種類以上の苔が自生しているのだとか。

到底そんなには見つけられないですよね。予想外に凄い数です。

苔の間には色鮮やかなキノコたちも。

白駒池まで戻ってきました。
実は、白駒池手前でグループが3つに離れて、私とTさんがみんなに合流できないまま宿まで行き、皆さんにご心配をかけてしまいました。班から離れて歩いたことや、ルート変更の認識違いなど問題点が浮かび上がってきました。あと雷の時の行動判断も今後の課題となりそうです。

そういうことがあったんですか。列から離れすぎるのは少し危ないかもですね。

登山にトラブルは付き物。でも、みなさん無事で何よりです。

ところで、湖面に映る原生林も素敵な景色ですね。

本日の宿、麦草ヒュッテまで徒歩で移動。
目の前にはお花畑が広がっていました。
(アキノキリンソウ、ミヤマシシウド、ゴマナ、ハクサンフウロ、ワレモコウ、クガイソウなどなど)

宿に入ったとたんに、外はスコールのような土砂降りに。

間一髪でセーフでした。

それはナイスなタイミング。日ごろの行いが良かったのに違いありません。

ここで無事1日目の登山は終了。

みなさん、よく食べよく眠れたのかなあ?

そして日が明けて、まずは朝の散策。

朝日が草木を照らし、その光が眩しそう。清々しい朝の風景ですね。

心が洗われるように穏やかな、2日目の始まりです。

泊まった麦草ヒュッテをバックに2ショット!

今日も良い日になりそうですね。

出発前の体操。

みなさん、体調バッチリです。

宿前で記念撮影。

2日目は茶臼山(ちゃうすやま)、縞枯山(しまがれやま)に行きます。

森の中の木漏れ日。

陽の直線がファンタスティックな雰囲気を醸し出しています。

2日目の登りはピンクのお召し物がお似合いのⅠ塚さんがリーダー。

昨日の雨のせいか、道はところどころ水たまりになってぬかるんでいました。

1日目の道もぬかるんでいたので、北八ヶ岳はいつもそうなのかもしれません。

急ぐことはありませんからね。

滑らないように足元をしっかり確認しながら、慎重に行きましょう ♪♪

中小場(なかこば)に到着。

岩が積み上がった展望台のような場所で、見晴らしも最高。

開放的な気分にダブルピースも出てますね!

目の前にはこれから登ろうとする茶臼山と縞枯山が見えます。

茶臼山までの登りは直登の急登です。

苦しい坂道ですが、笑顔も忘れませんね。

先頭を行くリーダーもがんばってます。

茶臼山山頂に到着。

残念なことに眺望はなし。

山頂標識の文字は擦れてほとんど見えません。

ただの棒になっているんですね。ちょっと寂しい山頂です。

ぬかるんだ道。ルート全体を通して、今日はこんな感じです。

水たまりもあって大変そう。

下りは特に危ないので、しっかり足の置き場を確認ですね。

山頂から5分ほどの茶臼山展望台。遠くまで開けてます。

昨日の荒天もあり、今日の青空にみんなの笑顔がはじけてます。

本当にみなさんの笑顔、最高ですね。

良い景色を眺めるため、頑張った甲斐がありました。

眼下はふかふかの緑の絨毯が広がっています。

壮大な絶景です!

またまた素敵なポーズで激写。

楽しそうな気持ちが伝わってきます。

みんな、山にバンザイ! Hooray(フーレイ)!

一面に苔の蒸す風景はまさに幻想的。

縞枯れ現象で立ち枯れた木々の間を通って縞枯山へ

※ 縞枯れ(しまがれ)現象とは、

(以下ウィキペディアから参照)

” 縞枯れ現象は、亜高山帯の針葉樹である、シラビソ、オオシラビソの優占林に限って見られる現象。木々が立ち枯れたり、倒れたりすることにより、遠くから見ると縞状の模様が見られる。 山の自浄作用とも木々の世代交代や天然更新とも考えられている。大規模な縞枯れは蓼科山や縞枯山などで見られる。 ”

岩を登ると縞枯山展望台。

それにしても険しい道のりですね。

道なき道を登るというか、気力も相当必要です。

縞枯山展望台に到着。イェーイ!

ただし、縞枯山山頂は木々に遮られ眺望はなし。

縞枯山から雨池峠へ下るガレ場は急で、

浮石に足を取られないよう慎重に歩きました。

そうですよね、転がる石は怖いです。

こんなに岩石がゴロゴロしていると歩くのがたいへんですね。

雨池峠から先はほぼ平らな木道歩き。

このあたりからは観光客をたくさん見かけました。

ここまで来ると一安心ですね。

遊歩道でランチを済ませて先へ進むと八ヶ岳ロープウェイ駅。

山頂駅前には坪庭自然園が広がり、散策することができます。

こちらでこの日の山行は終了。

下りロープウェイに乗ってから帰途に着きました。

 

今回も無事に登山を終えることができて良かったです。

充実した1泊2日の定例山行、素晴らしかったですね。

みなさま、お疲れさまでございました。

また、リーダー、サブリーダー様ありがとうございました。

北八ヶ岳 報告書

ホーム
会員募集案内
定例山行予定
定例山行の記録
過去の定例山行
とうげやまブログ
過去の山行の様子
会員のページ1
会員のページ2
会員専用 登山届
高橋さんのページ
リンク
お問い合わせ

facebookページ 峠山の会

QRコード

※ スマートフォンから上のQRコードを読み取ると、とうげやまブログのページをご覧いただくことができます。

人気ブログランキングへ


↑ ブログ訪問時にポチッとしていただければ嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

奥鬼怒湿原 奥日光 2018.10.13~14

峠山の会、10月の定例山行は、奥鬼怒湿原 奥日光。

「紅葉と秘境温泉に 加仁湯温泉泊 1泊2日の山旅」ということで、

今月は泊まりの会山行です。

 

今回は、Lineに笠原さんが送られていた写真を使わさせていただきます。

 

こんなに風情のある温泉に泊まられたのですね。いいなぁ~!(加藤)

会山行1日目。霧降の滝ハイキングコースを歩きました。

アップダウンもあって歩きがいがありました。

 

2日目の今日は雨のため、

(昨日夕べのうちに)奥鬼怒湿原は中止になりました。

残念。

 

朝、雨があがっていたので、つり橋まで散歩に行きました。

キレイな紅葉。

場所によってはもうすっかり色付いているんですね。

結構長い吊り橋ですね。

バンザイ!したくなる気持ちもわかるような気がします。

川俣ダムに行きました。

鳴呼懐かし!ほうの葉でお面づくり。

子供の頃遊んだのを思い出しました。(笠原さん)

Q;お面の三人は誰でしょう?(土田さん)

A;う~ん、誰だろう?

なかなか難しい質問ですね。

 

うそです、会の方だったら、すぐわかると思います。(加藤)

それにしてもこうやって写真を撮るなんて、

とっても面白いアイデアですね。

見た瞬間、思わず笑いが込み上げてきました!

みなさんの楽しい雰囲気が伝わってきます。

 

お昼は龍王峡で。

ここでも渓谷まで何段もの階段を降りました。

お天気のほう、快晴とはいかなかったようでしたが、

みなさん、それでも充分に楽しまれた様子が

ひしひしと伝わってきます。

素晴らしい紅葉も見ることができて

今回も有意義な山行だったもようです ♪♪♪


人気ブログランキングへ

 




登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】




登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

Columbia/コロンビア公式

パタゴニア
【パタゴニア】ハイキング・トレッキングに最適なウェア

facebookページ 峠山の会


ホーム
会員募集案内
定例山行予定
過去の定例山行
とうげやまブログ
過去の山行の様子
会員のページ
お問い合わせ

amazon アウトドア・登山クライミング用品 売れ筋ランキング

乗鞍岳 2017.9.9~9.10

今回は1泊2日で、乗鞍岳への山行です。

乗鞍岳は、長野県と岐阜県にまたがる北アルプス南部の山々の総称。標高3026mの剣ヶ峰(けんがみね)を主峰とし、大小23峰(ほう)もの峰(みね)が連なります。

飛騨高山側の山麓から眺めた山々の姿が馬の背に鞍を乗せたように見えることから乗鞍と呼ばれたということです。

山頂付近には8箇所12個の池(火山湖・堰止湖)もあります。

 

馬の鞍のイメージがよくわかる写真が

飛騨乗鞍観光協会の冒頭に使われていました。

(※PCサイトのみのようです。)

馬が何頭も並んでいる様子を連想したものだということがわかります。

飛騨乗鞍観光協会の公式サイトはコチラ→ 飛騨乗鞍観光協会

 

以下に土田さん、石崎さん、大橋さん撮影の写真をアップさせていただきました。


① 初日は乗鞍高原ハイキング。

水面に木々や山々が移り込んでキレイです。


② 乗鞍岳を遠くから見ています。(大橋さん)


③ 上の写真と照らし合わせると山の名前がわかりますよ。(大橋さん)



⑤ 乗鞍高原ハイキングの途中で見た3本滝。

たいした事のない滝が多い中、これは見ごたえのあるなかなか素晴らしい滝でした。(土田さん)

 

3本滝は日本の滝百選の1つで、長野県の指定名勝。

水源のそれぞれ異なる3つの沢が1箇所に集中して流れることで、

同時に3つの滝が一望できるという珍しい場所となっています。

各滝の落差は50~60mほどもあるので確かに見ごたえ充分なんです。


⑥ アサギマダラ。渡り鳥ならぬ渡り蝶だそうです。


⑦ 剣ヶ峰口(肩の小屋)

陽の明けぬ早朝に出発して、畳平から肩の小屋に到着。

コチラに立つ道標の右側に登山道が開き始めます。

この場所がいよいよ本格登山のスタート地点。

森林限界を越え、砂利や岩場が続く場所です。


⑧ 御来光です。(大橋さん)


⑨ 雲海かな。(大橋さん)


⑩ 剣ヶ峰

乗鞍岳の頂上。



⑫ 記念撮影

みなさん、充実した表情で楽しそうですよね!


今月はお天気にも恵まれ、素晴らしい山行となった模様です。


人気ブログランキングへ

 




登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】




登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

Columbia/コロンビア公式

パタゴニア
【パタゴニア】ハイキング・トレッキングに最適なウェア