伊豆が岳 2019.11.10

11月の峠山の会、定例山行は群馬県の「荒船山」に行く予定でしたが、

残念なことに台風19号の影響で通行が困難になったということ。

そこで急遽、個人山行として

埼玉県の「伊豆が岳」に行き先を変えることとなりました。

当日の矢先に目的地が変更になったにもかかわらず、

計17名の方が参加。いつもの通りの楽しい山行でしたよ!

 

今回は電車を乗り継ぎ、西武秩父線の正丸駅に到着。

お天気も良く、ひんやりとはしていても爽快な気分でこの日を迎えられました。

駅前広場の脇にある急な石段を下り、

渓谷を脇にして細い車道を進みます。

小さい滝がいくつも続きます。

途中に、拳大くらいもありそうな

マムシ草の立派な実が赤々となっていました。

馬頭尊の祠と巨岩のある小丸峠分岐。

ここからが登山道になります。

小丸峠分岐前の空き地にて準備体操。

 

車道の脇にはお茶の花と、季節はずれのツツジが咲いていました。

一列になって、さあ、いよいよ入山です。

針葉樹の森の中、渓谷脇の小道を進みます。

足元には、ゴツゴツした石が。

各所に倒木が道や渓谷を塞ぐように横たわっています。

大きな岩も随分と流されたことでしょう。

今年の台風の激しさをこれでもかと物語っているかのような荒れようです。

(あとでわかったことでは、つい先ごろの台風の影響ではなく、以前からこういう風景の山だったようです。)

倒木をよいしょ!と、くぐって。

山肌の土が流され、木の根っこが地表に現れています。

大きな岩もいっぱい。

30分くらい歩くと、ひと休憩。

涼しいので、そんなに喉は渇きませんが、水分補給は大事です。

陽が遮られた針葉樹林を過ぎ、

尾根筋に出ると、木漏れ日が差し込み良いお天気なのがわかります。

ここにも大きく土をえぐられた根っこが。

地上の枝や幹はまっすぐに伸びる反面、

地下の根はクネクネうねるようにしっかりと土を掴みながら伸びてるんですね。

岩山もあり、起伏に富んだ登り甲斐のある山道です。

見晴らしスポット。

隣の山がくっきりと見えます。

紅葉はまだ少し先のようですが。

またまた休憩。

男坂は落石しやすく、ちょっとたいへんらしいので、

女坂から登ります。

伊豆が岳の頂上に到着。

木の一部が紅葉をし始めていました。

頂上で紅葉をバックに記念撮影。

頂上には何組もの登山客で賑わっていました。

頂上から少し戻って、男坂下の分岐先の五輪山に向います。

五輪山。こちらでゆっくりと昼食。

陽が当たらないので座っているとちょっと寒かったかもです。

やっぱりこの季節はホッカイロが必要かなと思ってしまいました。

食事後は下山。

正丸峠には休憩処があります。

今度は手すりの付いた階段を降りて行きます。

再び、針葉樹林へ。

川に架かる橋が左下斜めに傾いています。

足を滑らさないように注意して!

2本丸太の橋も。

バランスを取りながら慎重に渡ります。

お申講。

ご神木の巨大杉。

4人で一周を囲めました!

なんとか無事、下山しました。

一同、休憩処で手作りのお饅頭をいただきました。

道端に蛇の死体が。可哀想に、車に轢かれたみたいです。生きていたら、逆になかなか見られないので、珍しいものを見たと思って撮ってしまいました。

今回もお天気に恵まれた素晴らしい登山でした。


ホーム
会員募集案内
定例山行予定
定例山行の記録
過去の定例山行
とうげやまブログ
過去の山行の様子
会員のページ
手塚さんのページ
高橋さんのページ
リンク
お問い合わせ

facebookページ 峠山の会

amazon アウトドア・登山クライミング用品 売れ筋ランキング

人気ブログランキングへ


↑ ブログ訪問時にポチッとしていただければ嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA